大量のニキビ

心も顔も痛かった日々

チョコレートやスナック菓子などを少し多めに食べた次の日には必ず2〜3個のニキビができてしまうニキビ体質で、中学生の頃から頬のニキビには悩まされ続けてきました。それでもハタチを過ぎた頃から少しずつではありますが、落ち着いてきたのかなぁという感覚があり、これ以上ニキビに悩まされることはないだろうと安心していました。しかし、転勤によって地元である地方都市から東京の職場に勤務するようになり、慣れない土地や生活環境、職場でのストレスがどんどん蓄積され、今までにない位のストレスを感じるようになったのです。

心も顔も痛かった日々

すると落ち着いていたはずのニキビが、これまで経験したことがない位の勢いで私の頬を覆い、頬杖を付くことは愚か顔を触ることができない位に私の頬を腫らせたのです。そういった時のニキビはひとつひとつが大きく熱を帯びていて、それが頬に数カ所出来ていたので顔全体が熱っぽく、何をするにも集中できず、只々痛みと熱に耐えるしかなく、本当に辛かったです。あまりにひどい顔をしていたためか、周りの人たち方も肌荒れを心配されるほどでした。会社を退職するとストレスも無くなり、それ以降は頬が腫れることはありませんが、ストレスによる肌荒れがこんなに酷い症状になるとは夢にも思いませんでした。